メインイメージ 推奨サイズW800×280px

レディーススーツの特集!!


レディーススーツ・ベージュカラ―

女性がどんどん職場に進出し、重い責任のある立場に立つことも多くなり、レディススーツを着用するケースは非常に多くなりました。もちろんそれ以外にも、子供の学校での行事参加、会社面接、その他改まった場面などでもレディススーツは大変重宝です。 ただ、ひとつ問題なのは、デザインがどうしても似たりよったりになってしまい、なかなか個性を表わせられないことです。

続きを見る >>


ストレッチ素材とは?

レディススーツは、働く女性なら、ほぼ毎日着るものです。男性なら毎日同じスーツでもそれほど問題はありませんが、レディススーツは色やデザインの幅も広いので、個性とTPOにあったスーツ選びや着こなしが求められます。 毎日のスーツが、職場や取引先で、着る人の印象をつくり、イメージアップにもイメージダウンにもつながります。

続きを見る >>

喪服を購入する際

社会人になってそろえておきたいレディススーツ一つに喪服があります。学生の間は黒っぽいスーツですませることも許されるとおもいますが、社会人であれば、どういう関係で葬儀に出なければいけなくなるかわかりません。また、結婚式とは違いいつ必要になるかわからないものですから、急なときにあわてないように準備しておきたいものです。

続きを見る >>

レディーススーツの着こなし3ポイント

レディススーツを上手に着こなすためには、3つのポイントを上げることができるでしょう。 ポイント1つ目は、肩幅の調節をすること。レディススーツのみならず、スーツはもともと日本人の体型にあっているものではないので、肩幅の広さが問題になることが多いのです。スーツを着て見た時に下半身が目立つような気がした場合には、ボトムのサイズを上げるのではなく、ジャケットのサイズを...
続きを見る >>

レディススーツの着こなし術

メンズウエアに比べレディスウエアは種類が豊富です。ボトムスだけでもパンツだけでなくスカートがあり、又ワンピースといった様なレディス特有のウエアもあります。そんなメンズに比べお洒落の幅の広いレディスウエアですが、スーツとなるとメンズ・レティス問わず形式は同様です。同色・同素材の上下からなる開襟ボタン留めで、主にビジネスやあらたまったシーンに...
続きを見る >>

入学式のためのレディススーツ

レディススーツというと、会社訪問や面接、営業訪問、会社での会議など、ビジネスシーンをまず思い浮かべることが多いかと思いますが、最近は入学式でもよく見られるようになりました。自分自身の会社の入学式などはもちろんですが、子供さんの入学式でも、以前は」着物姿というのが多く見られましたが、職を持つ女性が増え、大掛かりで手間のかかる和装より短時間で着られる洋服を...
続きを見る >>

シーンに合わせた髪型

レディススーツがオフィス用の場合、すっきりと美しく着こなすために、顔周りをすっきりとさせる髪型にします。ショートヘアーは、ヘアピンで、髪の毛が顔に不必要にかからないように止めましょう。ヘアピンは、シンプルで色合いがスーツと合うものを選びます。スーツが、明るい色合いの場合は、髪の色合いとのバランスを考え...
続きを見る >>

冬用レディススーツ

冬用のレディススーツを選ぶ際、考慮する事がいくつかあると思います。
現在は様々な素材、カラー、デザインのスーツがありどれを選べば良いかと迷ってしまいます...
続きを見る >>

オススメサイト